盛土の締固め規定に関する問題(5)+(6)
盛土の締固めの品質を規定する方法には、品質規定方式工法規定方式があり品質規定方式には3種類の方法がある。

(品質規定方式)
1.乾燥密度で規定する方法

室内での締固め試験で得られた最大乾燥密度と現場で締固めた土の乾燥密度との比である締固め度が、規定値以上になっていること、および施工含水比が最適含水比を基準として定められた規定値内にあることを要求する方法。
最も一般的な方法で、自然含水比の比較的低い砂質土に適し自然含水比の高い粘性土には適さない
締固め規定1

2.空気間隙率または飽和度で規定する方法
締固めた土の空気間隙率および飽和度が一定の範囲内にあるよう規定する方法。適用には、施工含水比の規定が必要。乾燥密度が規定しにくい、自然含水比が高い粘性土に対して適用される
締固め規定2

3.強度特性変形特性で規定する方法
締固めた土の強度あるいは変形量を貫入抵抗、現場CBR、支持力、プルーフローリングによるたわみなどの値によって規定する方法。水の浸入による膨張、強度低下が起こりにくい岩塊、玉石、砂、砂質土には適用できるが、土の含水比によって強度が変化する粘土、粘質土には適用しにくい

(工法規定)
締固めに使用する締固め機械、締固め回数など工法そのものを規定する方法。材料の土質、含水比があまり変化しない現場、特に岩塊や玉石などの土質の現場には適用しやすい。しかし規定の適用に際しては、あらかじめ現場で締固め試験を行って、盛土が所定の性質を持つように締固められるかどうか調べておく必要がある。
 締固め規定3

(関連事項)
盛土の締固め規定に関する問題(6)+(5)(品質管理分野)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,12,11,10,9年 (土工分野)
平成17,16,15,13,12,11年 (品質管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 19:45 | - | - | ↑TOP -
標準貫入試験-方法・結果の利用法等に関する問題(10)
規定重量(質量63.5kg±0.5kg)のハンマを所定の高さ(76cm±1cm)から自由落下させ、標準試験用のサンプラーを30cm貫入させるのに要する打撃回数(N値)を測定する。試験結果は土の硬軟,締まり具合の判定に利用される。

(補足事項)
調査結果から判定推定できる事項(過去の蓄積データより)
・砂地盤→相対密度、内部摩擦角、沈下に対する許容支持力、支持力係数、変形、液状化強度
・粘土地盤→コンシステンシー、一軸圧縮強さ(粘着力)、破壊に対する極限および許容支持力、変形係数

土質試験_一覧表

<参考資料>
作業中の画像;(株)東光土質
マンガ図;フルタニ試工(株)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,17,16,15,14,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 11:26 | - | - | ↑TOP -
機械選定に関する問題〜コーン指数による(8)+(2)
機械選定_コーン指数

(関連事項)
ポータブルコーン貫入試験-方法・結果の利用法等に関する問題(8)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,17,16,14,13,11,10,9年(土工分野)
平成20,15年(施工計画分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 16:20 | - | - | ↑TOP -
機械選定に関する問題〜運搬距離による(7)+(2)
施工機械と運搬能力
機械選定-距離


*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,16,15,14,13,11,10年(土工分野)
平成15,12年(施工計画分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 17:37 | - | - | ↑TOP -
ポータブルコーン貫入試験-方法・結果の利用法等に関する問題(8)
コーン(底面積6.45cm2、先端角30°)を1cm/secの速さで地中に人力により静的貫入させ、このときのコーン貫入抵抗値をコーン断面積で除した値をコーン指数として求める試験である。試験結果はトラフィカビリティの判定に利用される。

土質試験_一覧表

(関連事項)
トラフィカビリティ;軟弱な土の上の走行性の良否のこと。
機械選定に関する問題〜コーン指数による(8)

<参考資料>
作業中の画像;(株)伸栄興産
マンガ図;奈良建設(株)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,17,16,15,14,12,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 14:20 | - | - | ↑TOP -
スウェーデン式サウンディング-方法・結果の利用法等に関する問題(7)
50N から1 kN までの6段階のおもり載荷(Wsw)による静的貫入量(L)と,静的貫入停止後の人力によりさらに25cm貫入させるのに要する半回転数を測定して、貫入量1m当りの半回転数(Nsw)を記録する。このときの貫入量と半回転数から、静的貫入抵抗(Wsw,Nsw)を求める。試験結果は土の硬軟締まり具合を判定するのに用いられる。

土質試験_一覧表

<参考資料>
スウェーデン式サウンディングのマンガ図;(株)サナース

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,18,16,14,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 15:29 | - | - | ↑TOP -
鉄筋組立-スペーサ材質に関する問題(6)
スペーサの材質は、モルタルまたはコンクリート製、鋼製、プラスチック製などがあるが、本体のコンクリートの品質と同等以上のモルタルまたはコンクリート製を用いることを原則とする。腐食環境の厳しい地域において、表面に露出する(型枠と接する)箇所等に鋼製を用いると、内部鉄筋の腐食・耐力低下をまねく恐れもあるため用いてはならない。またプラスチック製は、コンクリートとの熱膨張率の相違、付着および耐荷力不足などの問題がある。

スペーサ材質

<関連事項>
コンクリート製スペーサの写真;からすの家

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,15,14,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-コンクリート | 10:14 | - | - | ↑TOP -
オランダ式二重管コーン貫入試験-方法・結果の利用法等に関する問題(5)
二重構造にしたロッドの先端に取り付けたマントルコーン(先端角60°、底面積10cm2)を、1cm/secの貫入速度で5cm静的貫入させたときの貫入抵抗を測定してコーン貫入抵抗値(qc)を求めるもので、土の硬軟締まり具合の判定に用いられる。

土質試験_一覧表

<参考資料>
マンガ図;日本物理探鑛(株)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,16,14,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 17:00 | - | - | ↑TOP -
機械選定に関する問題〜限界勾配による(6)
施工機械と限界勾配
機械選定_勾配2


*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,14,13,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 20:28 | - | - | ↑TOP -
打継目の位置に関する問題(4)+(2)
打継目はできるだけせん断力小さい位置に設け、打継面を部材の圧縮力の作用する方向と直角にするのを原則とする。
 また、打継目は施工性を考慮し構造物の強度、耐久性および概観を考えて定められたものであるから原則として変更してはならない。

打継目

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
 平成18,13,12,11年(コンクリート分野)
 平成10,9年(構造物分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-コンクリート | 18:50 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE