プライムコートおよびタックコート使用アスファルト乳剤に関する問題(10)
[プライムコート]
通常アスファルト乳剤(PK-3)を用い、散布量は一般に1〜2L/m2が標準である。路盤面が緻密な場合は少なめに、粗な場合は多めに用いられることもある。

[タックコート]
通常アスファルト乳剤(PK-4)を用い、散布量は一般に0.3〜0.6ℓ/m2が標準である。寒冷期の施工や急速施工の場合は,瀝青材料散布後の養生時間を短縮するためにアスファルト乳剤を加温して散布する方法を採ることがある。

(関連問題)
プライムコート・タックコートの使用目的に関する問題(7)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,16,15,14,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 18:46 | - | - | ↑TOP -
タックコート寒冷期施工または急速施工に関する問題(8)
タックコートは、気温5℃以下のときは養生に時間がかかり凍結のおそれがある。このため、下記の3つの方法を採用することがある。

1.加熱して散布
2.散布後にロードヒータにより加熱
3.所定の散布量を2回に分けて散布

(関連事項)
タックコート:試験に出る用語

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,16,14,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 19:33 | - | - | ↑TOP -
プライムコート・タックコートの使用目的に関する問題(7)
[プライムコート]
1.路盤表面部に浸透し、路盤とアスファルト混合物とのなじみをよくする
2.降雨による路盤の洗掘または表面水の浸透などを防止する。
3.路盤からの水分の蒸発を遮断する。

[タックコート]
舗設する混合物層とその下層の瀝青安定処理層,中間層,基層との付着,及び継目部の付着を良くするために行う。

アスファルト舗装構成

(関連問題)
プライムコートおよびタックコート使用アスファルト乳剤に関する問題(10)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,16,14,13,12,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 19:11 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-補修工法選定に関する問題(7)
[アスファルトの損傷状況と補修工法の選定]
1.ひび割れの程度が大きい場合
路床・路盤まで損傷の可能性大→打換え工法選定
2.路面のたわみが大きい場合
路床・路盤まで損傷の可能性有り→調査実施、状況により打換え工法選定
3.流動によるわだち掘れが大きい場合
オーバーレイでは再流動の可能性大→表層・基層打換え工法選定

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,16,13,12,11,9年

続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 08:57 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-交通開放時表面温度に関する問題(6)
(アスファルト舗装交通開放時表面温度)
転圧終了後の交通開放時の舗装表面温度は、舗装の初期のわだち掘れに大きく影響するので50℃ 以下となってから開放する。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16,15,13,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 09:58 | - | - | ↑TOP -
コンクリート舗装-鉄網に関する問題(6)
(コンクリート舗装鉄網に関する事項)
1.鉄網の埋め込み深さは、コンクリート版上面から1/3の深さを目標に設置する。
2.鉄網は通常、φ6mmの異形棒鋼(鉄筋量3kg/m2)によるものを使用する。
3.鉄網の重ね幅は20cm程度とする。

コンクリート舗装鉄網

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,15,13,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 11:12 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-プライムコート施工時ブリージング発生に関する問題(5)
(アスファルト舗装プライムコート施工時留意事項)
瀝青材料が路盤に浸透せず厚い膜になるなど養生が十分でない場合は、ブリージングを起こしたり、層の間でずれて上層にひびわれを生じることがあるため、瀝青材がたまった部分は砂で吸収させ取り除く

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,15,13,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 12:03 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-路盤築造工法の種類に関する問題(4)
(下層路盤築造工法)
粒状路盤工法
・セメント安定処理工法
・石灰安定処理工法

(上層路盤築造工法)
粒度調整工法
瀝青安定処理工法
・セメント・瀝青安定処理工法
・セメント安定処理工法
・石灰安定処理工法

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,13,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 16:48 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-混合物敷均し温度に関する問題(4)
敷均し時の混合物の温度は、アスファルトの粘度にもよるが、一般に110℃ を下回らないようにする

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成14,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 19:27 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装-ローラによる混合物転圧に関する問題(4)
アスファルト混合物のローラによる転圧は、一般にアスファルトフィニッシャ側に駆動輪を向けて横断勾配の高い方から低い方へ向かい、順次幅寄せしながら低速かつ等速で行う。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,13,11,10年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-道路・舗装 | 19:42 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE