作業主任者選任に関する問題(7)+(9)
[作業主任者を選任すべき作業](出題率の高い順に抜粋)
1.地山の掘削作業主任者(技)
掘削面の高さが2m以上となる地山掘削作業
2.高圧室内作業主任者(免)
高圧室内作業(作業室ごとに1人
3.型枠支保工の組立作業主任者(技)
型枠支保工の組立解体作業
4.足場の組立等作業主任者(技)
つり足場(ゴンドラを除く)、張出し足場または高さ5m以上の構造の足場の組立・解体・変更作業
5.鋼橋架設等作業主任者(技)
上部構造の高さが5m以上のものまたは支間が30m以上である金属製の橋梁の架設・解体・変更作業
6.コンクリート破砕作業主任者(技)
コンクリート破砕器を用いて行う破砕作業
7.土止め支保工作業主任者(技)
土止め支保工の切ばり・腹起こしの取付け、取外し作業
8.酸素欠乏危険作業主任者(技)
酸素欠乏場所における作業
9.ずい道等の掘削等作業主任者(技)
ずい道の掘削作業、支保工の組立、コンクリートの吹付作業等
10.ずい道等の覆工作業主任者(技)
ずい道の覆工作業
11.ガス溶接作業主任者(免)
アセチレン溶接装置またはガス集合溶接装置を用いて行う溶接等の作業
12.コンクリート造の工作物の解体作業主任者(技)
高さが5m以上のコンクリート造の工作物の解体または破壊の作業
13.コンクリート橋架設等作業主任者(技)
上部構造の高さが5m以上のものまたは支間が30m以上であるコンクリート造橋梁の架設・変更の作業
14.有機溶剤作業主任者(技)
15.林業架線作業主任者(免)

<参考資料>
労働安全衛生法第16条;法令データ提供システム
労働安全衛生法施行令第6条;法令データ提供システム

(関連事項)
作業主任者選任に関する問題(安全管理分野)


・(技)は技能講習、(免)は免許を示す
・( )内数字は平成9年以降の出題総数
ただし、労働安全衛生法分野と安全管理分野での出題数を併記
平成19,17,16,15,14,11,9年(労働安全衛生法分野)
平成18,17,16,15,14,13,11,10,9年(安全管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-労働安全衛生法 | 09:49 | - | - | ↑TOP -
計画の届出に関する問題(7)+(4)
[仕事開始日の30日前までに厚生労働大臣に届け出なければならない仕事]
1.高さが300m以上の塔の建設
2.堤高が150m以上ののダムの建設工事
3.最大支間500m(つり橋は1000m)以上橋梁の建設工事
4.長さが3,000m以上ずい道等の建設工事
5.長さが1,000m以上3,000m未満のずい道の建設工事で、深さ50m以上たて坑(通路として使用されるものに限る)の掘削を伴う工事
6.ゲージ圧力が0.3MPa以上圧気工法による作業を行う仕事


[仕事開始日の14日前までに労働基準監督署長に届け出なければならない仕事]
1.高さ31mを超える建築物・工作物の建設、改造、解体または破壊の工事
2.最大支間50m以上橋梁の建設工事
3.最大支間30m以上50m未満橋梁の上部構造の建設工事
4.ずい道の建設工事(労働者がずい道内部に立ち入らないものを除く)
5.掘削の高さまたは深さが10m以上である地山の掘削作業を行う仕事。(ただし、掘削機械を用いる作業で、掘削面の下方に労働者が立ち入らない場合は不要)
6.圧気工法による作業を行う仕事

(関連事項)
[工事開始の30日前までに労働基準監督署長に届け出なければならない設備]
支柱高さが3.5m以上の型枠支保工

<参考資料>
労働安全衛生法第88条第3,4項;法令データ提供システム
労働安全衛生規則第89条,90条;法令データ提供システム

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
ただし、労働安全衛生法分野と安全管理分野での出題数を併記
平成19,16,15,13,11,10,9年(労働安全衛生法)
平成15,14,13,9年(安全管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-労働安全衛生法 | 11:58 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE