盛土の締固め規定に関する問題(6)+(5)
盛土の締固めの品質を規定する方法には、品質規定方式工法規定方式があり品質規定方式には3種類の方法がある。

(品質規定方式)
1.乾燥密度で規定する方法

室内での締固め試験で得られた最大乾燥密度と現場で締固めた土の乾燥密度との比である締固め度が、規定値以上になっていること、および施工含水比が最適含水比を基準として定められた規定値内にあることを要求する方法。
最も一般的な方法で、自然含水比の比較的低い砂質土に適し自然含水比の高い粘性土には適さない
締固め規定1

2.空気間隙率または飽和度で規定する方法
締固めた土の空気間隙率および飽和度が一定の範囲内にあるよう規定する方法。適用には、施工含水比の規定が必要。乾燥密度が規定しにくい、自然含水比が高い粘性土に対して適用される
締固め規定2

3.強度特性変形特性で規定する方法
締固めた土の強度あるいは変形量を貫入抵抗、現場CBR、支持力、プルーフローリングによるたわみなどの値によって規定する方法。水の浸入による膨張、強度低下が起こりにくい岩塊、玉石、砂、砂質土には適用できるが、土の含水比によって強度が変化する粘土、粘質土には適用しにくい

(工法規定)
締固めに使用する締固め機械、締固め回数など工法そのものを規定する方法。材料の土質、含水比があまり変化しない現場、特に岩塊や玉石などの土質の現場には適用しやすい。しかし規定の適用に際しては、あらかじめ現場で締固め試験を行って、盛土が所定の性質を持つように締固められるかどうか調べておく必要がある。
 締固め規定3
 
(関連事項)
盛土の締固め規定に関する問題(5)+(6)(土工分野)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16,15,13,12,11年 (品質管理分野)
平成16,12,11,10,9年 (土工分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 09:16 | - | - | ↑TOP -
生コン受け入れ検査-空気量規定に関する問題(7)+(2)
空気量規定値

(関連問題)
生コン受け入れ検査-圧縮強度試験の規定値に関する問題(5)+(1)
生コン受け入れ検査-塩化物含有量の規定値に関する問題(3)+(1)
生コン受け入れ検査-スランプ規定値に関する問題(3)+(1)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,15,14,13,10,9年 (品質管理分野)
平成12,9年 (コンクリート分野)

続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 10:52 | - | - | ↑TOP -
生コン受け入れ検査-圧縮強度試験方法に関する問題(6)+(1)
(圧縮強度試験に関する事項)
強度の検査は配合検査を行うことを標準とするが、配合検査を行わない場合は圧縮強度試験を実施する。
・圧縮強度試験は、標準養生を行った供試体を用い、不合格となった場合は構造物中のコンクリートの強度を検査を実施する。
検査ロットの大きさは、購入者と生産者とが協議して定める
呼び強度を保証する材齢は、指定がない場合は28日とし、指定がある場合は購人者が生産者と協議し指定した日数とする。
・1回の強度試験結果は,任意の1運搬車から採取した試料で作った3個の供試体の試験値の平均値で表す。

(関連事項)
生コン受け入れ検査-圧縮強度試験の規定値に関する問題(5)+(1)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,16,12,10,9年 (品質管理分野)
平成17年 (コンクリート分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 11:26 | - | - | ↑TOP -
生コン受け入れ検査-圧縮強度試験の規定値に関する問題(5)+(1)
(圧縮強度試験の規定値)
圧縮強度規定値


(関連事項)
生コン受け入れ検査-圧縮強度試験方法に関する問題(6)+(1)
生コン受け入れ検査-空気量規定に関する問題(7)+(2)
生コン受け入れ検査-塩化物含有量の規定値に関する問題(3)+(1)
生コン受け入れ検査-スランプ規定値に関する問題(3)+(1)


*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,15,14,13,12年 (品質管理分野)
平成12年 (コンクリート分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 14:08 | - | - | ↑TOP -
生コン受け入れ検査-塩化物含有量検査時期(3)+(3)
(塩化物含有量の検査時期)
塩化物含有量の検査は、工場出荷においても、荷卸地点での所定の条件を満足すため工場出荷時に行うことができる

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成14,11,10年 (品質管理分野)
平成18,17,15年 (コンクリート分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 15:03 | - | - | ↑TOP -
アスファルト舗装の品質管理-試験頻度に関する問題(6)
(アスファルト舗装の品質管理)
1.作業員や施工機械の組合せに変更が生じた場合は、試験頻度を増やし、新たな組合せによる作業能力を把握し直さなければならない。
2.試験頻度が1日1〜2回の場合において、工程能力図にプロットされた点が規格値を外れたり、一方に片寄っているなどの結果が生じた場合は、直ちに試験頻度を増やして異常の有無を確かめなければならない。
3.現在の作業の進め方によって受注者が定めた管理の限界を十分満足できることがわかれば,それ以降の試験頻度を減らしてもよい

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,14,13,12,11,10年

続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 09:08 | - | - | ↑TOP -
品質管理-手順に関する問題(5)
(品質管理の手順)
1.品質特性(管理特性)の選定
管理しようとする品質特性を決める。
2.品質標準の設定
選んだ品質特性に関する品質標準を設定する。
3.作業標準の決定
品質標準を満足させるための作業の方法を決定する。
4.データ採取
作業標準にしたがって施工し、一定期間のデータを採る。
5.分析確認
工程能力図、ヒストグラム等により、各データが品質規格を満たしているか、管理図により、工程が安定しているかを確認する。
6.作業方法の見直し
7.作業の継続

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,18,15,12,10年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 13:32 | - | - | ↑TOP -
品質管理-品質特性の選定に関する問題(5)
(品質特性の選定)
1.工程(作業)の状態を総合的に表すものであること。
2.品質に重要な影響を及ぼすものであること。
3.代用特性(真の品質特性と密接な関係が有り、その代わりとなり得る品質特性)または、工程要因を品質特性とする場合は真の品質特性との関係が明らかなものであること。
4.測定しやすいものであること。
5.工程に対して処置がとりやすいものであること。
6.早期に結果が得られるものであること。
7.できるだけ工程の初期の段階において測定できるものであること。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,14,13,11,9年

続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 19:26 | - | - | ↑TOP -
締固め盛土の強度特性に関する問題(4)
(締固め盛土の強度特性)
最適含水比で締固められた土は、その締固めの条件のもとでは間げきが最小となり水浸による性質の変化が微小である。
・締固めた土は、締固め直後の状態では最適含水比よりもやや低い含水比のときに変形抵抗が最大で、圧縮性が最小である。
・締固めエネルギーの大きさにより、最大乾燥密度、最適含水比は変化し、締固め土の強度特性も異なる。

(関連事項)
最適含水比:締固めた土の間隙を最小(乾燥密度を最大)にする含水比のこと

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,13,12,11年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 10:24 | - | - | ↑TOP -
品質管理-目的に関する問題(4)
(品質管理の目的)
発注者の要求に合った品質の製品(契約約款、設計図書等に示された規格を満足するような構造物)を経済的に作り出すための全ての手段の体系であり、建設業者は、品質管理のために、安定した工程(プロセス)を維持する管理活動と、品質が満足しない場合に工程能力を向上させる改善活動を行う。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,16,13,12年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-品質管理 | 10:41 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE