鉄筋コンクリート床版-コンクリート打込み順序に関する問題(5)
鉄筋コンクリート床版の打込順序
鉄筋コンクリート床版-打込順序


*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,14,12,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 14:12 | - | - | ↑TOP -
鉄筋コンクリート床版-橋軸方向の打継目に関する問題(5)
(橋軸方向の打継目)
橋軸方向の打継目は,一般に床版の主応力が橋軸直角方向に作用しジョイント部の完全な一体化が困難なので,原則として作ってはならない

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,14,13,12,11年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 14:55 | - | - | ↑TOP -
鋼材曲げ試験に関する問題(3)+(1)
曲げ試験は、曲げ加工を行うとき、または曲げ応力が働いたとき、表面および内部の欠陥が現れるか否かを試験するもので、材料の加工性を試験する最も簡便な方法である。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成12,11,9年 (構造物分野)
平成14年 (品質管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 09:37 | - | - | ↑TOP -
鋼材シャルピー衝撃試験に関する問題(3)+(1)
 シャルピー衝撃試験は、切り欠きのある試験片を衝撃力で破断することにより、鋼材の靭性を評価する試験で、主として溶接構造用鋼に適用される。試験においては、温度、試験片の採取位置・方向、ノッチの方向およびノッチの寸法精度が衝撃値に大きく影響する。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成15,12,11年 (構造物分野)
平成14年 (品質管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 10:19 | - | - | ↑TOP -
高力ボルト-溶接併用時の施工順序に関する問題(4)
溶接と高力ボルト摩擦接合を併用する場合は、溶接に対する拘束を小さくし、又溶接に伴う変形によってすべり耐力が低下しないようにするため、溶接の完了後にボルトを締付けることを原則とする

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成14,13,12,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 13:56 | - | - | ↑TOP -
プレストレスコンクリート-グラウト注入前措置に関する問題(4)
プレストレスコンクリートのグラウト注入にあたっては、予めダクト内を水で洗浄し十分に湿潤状態とする。また、残留水は圧縮空気で排出し、導通とダクトの機密性を確認しなければならない。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,15,13,10年

続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 15:47 | - | - | ↑TOP -
コンクリートの劣化診断-電磁波法に関する問題(2)+(1)
電磁波法はコンクリートを透過または反射する電磁波の特性を利用する方法であり、鉄筋の深さ、内部の空洞、ひびわれ、はく離部などの検出ができる

(関連事項)
コンクリートの劣化診断−反発硬度法に関する問題(2)+(1)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16年(構造物分野)
平成19年(品質管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 16:49 | - | - | ↑TOP -
コンクリートの劣化診断−反発硬度法に関する問題(2)+(1)
反発硬度(シュミットハンマー)法は、コンクリート表面を重鎮で打撃し、その反発度から圧縮強度を測定する方法である。

(関連事項)
コンクリートの劣化診断-電磁波法に関する問題(2)+(1)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16年(構造物分野)
平成19年(品質管理分野)
続きを読む >>
| 試験に出る問題-構造物 | 17:02 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE