<< 鉄筋継手位置に関する問題(3)+(2) | main | 打継目レイタンス処理に関する問題(4) >>
2層以上のコンクリート打込み-1層の厚さに関する問題(4)
2層以上に分けて打ち込む場合の打込みの1層の高さは,使用する内部振動機の性能などを考慮して,40〜50cm 以下を標準とする。内部振動機は、下層のコンクリートに10cm程度挿入して締固める。

2層打込1層厚さ

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,18,14,10年

(過去問題)
H19-A-10-(1)締固めに内部振動機を用いる場合, コンクリートの1層の打込み厚は,一般に40〜50cm以下とする。
→○

H18-A-9-(3)2層以上に分けて打ち込む場合の打込みの1層の高さは,使用する内部振動機の性能などを考慮して,40〜50cm 以下を標準とする。
→○

H14-A-7-(1)コンクリートを二層に分けて打込む場合には,内部振動機の先端を下層のコンクリートに挿入しないようにし,上層のコンクリートを締固める。
→× 内部振動機を下層のコンクリートにに10cm程度挿入して締固める。

H10-A-7-(4)2層以上に分けて打込む場合は、内部振動機で下層コンクリートをかく乱しないように、振動機を差し込む深さはあとから打込んだ層の範囲内にとどめるようにする。
→× 内部振動機を下層のコンクリートに10cm程度挿入して締固める。
| 試験に出る問題-コンクリート | 12:09 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE