<< コンクリート舗装-敷均し・締固め方法に関する問題(4) | main | 軟弱地盤対策工法-バーチカルドレーン工法に関する問題(5) >>
軟弱地盤対策工法-締固め工法に関する問題(5)
軟弱地盤対策工法1

(関連事項)
軟弱地盤対策工法-バーチカルドレーン工法に関する問題(5)
軟弱地盤対策工法-固結工法に関する問題(3)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16,14,12,11年
(過去問題)
H17-A-5-(3)バイブロフローテーション工法は,粘土質地盤に対して用いられ,棒状の振動機を地盤中で振動させながら水を噴射し,地盤を締固める工法である。
→× 粘土質地盤→ゆるい砂質地盤

H17-A-5-(4)サンドコンパクションパイル工法を軟弱な粘土質地盤や泥炭質地盤に施工すると,打込みによって地盤を乱し,一時的に著しい強度低下をもたらすことがあるので注意しなければならない。
→○

H16-A-5-(3)サンドコンパクションパイル工法は,緩い砂質地盤中に棒状の振動機を入れ,振動部付近に水を与えながら振動と注水の効果で地盤を締固め,すべり抵抗の増加をはかる工法。
→× 記述はバイブロフローステーション工法の説明。

H16-A-5-(4)ロッドコンパクション工法は,緩い砂質地盤中に棒状の振動体に上下振動を与えながら貫入し,締固めを行いながら引き抜くもので,液状化の防止をはかる工法。
→○

H14-A-5-
(設問)軟弱地盤対策の「工法名」と次にあげるその「主な効果」との組合せとして,次のうち適当でないものはどれか。ただし、[工法名]−[主な効果]とする。
(3)振動締固め工法 − 液状化を防ぎ,地震時の安定をはかる。
→○

H12-A-5-(1)ロッドコンパクション工法は、緩い砂質地盤の締固めを目的として開発され、棒状の振動体に、上下振動を与えながら地盤中に貫入し、締固めながら引き抜く工法である。
→○

H12-A-5-(2)バイブロフローテーション工法は、緩い砂質地盤中に振動機を入れ、振動部付近に水を与えながら振動と注水の効果で地盤を締固める工法である。
→○

H12-A-5-(4)重錘落下締固め工法は、地盤上に重錘を落下させて地盤を締固めるとともに、発生する過剰水を排水させてせん断強さの増加をはかる工法である。
→○

H11-A-5-(2)サンドコンパクションパイル工法は、ゆるい砂地盤中に棒状の振動機を入れ、振動部付近に水を与えながら振動と注水の効果によって地盤を締固める工法である。
→× 記述はバイブロフローステーション工法の説明。

H11-A-5-(3)バイブロフローテーション工法は、地盤中に適当な間隔で鉛直方向に砂ぐいを設置し、水平方向の圧密排水距離を短縮して圧密沈下を促進し、あわせて強度増強をはかる工法である。
→× 記述はサンドドレーン工法の説明。
| 試験に出る問題-土工 | 06:52 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE