<< 2層以上のコンクリートの打込み-コールドジョイントの防止に関する問題(3) | main | コンクリート打込み-シュートに関する問題(3) >>
コンクリート打込み-ブリージングに関する問題(3)
打込み速度を速くすると、ブリージングが生じやすくなる
・コンクリート表面のブリージング水は、上部のコンクリートの強度低下をまねくため、取り除かなければならない。

(関連事項)
ブリージング:フレッシュコンクリートの水が上昇分離する現象のこと。
打継目レイタンス処理に関する問題(4)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,17,16年
(過去問題)
H19-A-10-(3)コンクリートの打込み中,表面にブリーディング水がある場合は,この水が自然にコンクリートに吸収されるのを待って,次のコンクリートを打ち込まなければならない。
→× ブリージング水は、取り除かなければならない。

H17-A-7-(3)柱のコンクリートの打込みにあたり,ブリーディングの影響を考慮して,打上り速度を速くして連続して打込んだ。
→× 打上がり速度を速くすると、ブリージングは起こりやすくなる。

H16-A-7-(1)壁又は柱のような高さが大きいコンクリートを連続して打込む場合には,ブリーディングによる悪影響を少なくするため,1回の打上り速度を速くする必要がある。
→× 打上がり速度を速くすると、ブリージングは起こりやすくなる。
| 試験に出る問題-コンクリート | 10:46 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE