<< コンクリートの中性化・塩害に関する問題(2)+(1) | main | 鉄筋加工-曲げ戻し禁止に関する問題(2)+(1) >>
鉄筋加工-常温加工に関する問題(3)
鉄筋は常温で加工することを原則とする。加熱して行うには、温度管理などを徹底する必要があり、極力避けることが望ましい。

(関連事項)
鉄筋加工-曲げ戻し禁止に関する問題(2)+(1)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,14,10年
(過去問題)
H19-A-9-(2)鉄筋の曲げ加工は,作業性を確保するため,常温で行うよりも加熱して行うのがよい。
→× 鉄筋の曲げ加工は常温で行うことを原則とする。

H14-A-8-(4)鉄筋は加熱して折り曲げることが原則である。
→× 鉄筋の曲げ加工は常温で行うことを原則とする。

H10-A-8-(2)鉄筋を常温で曲げ加工すると鉄筋に無理な応力が加わるので、できるだけ加熱して加工する。
→× 鉄筋の曲げ加工は常温で行うことを原則とする。
| 試験に出る問題-コンクリート | 15:30 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE