<< 既製杭-中堀工法に関する問題(3) | main | 既製杭-試験杭の長さに関する問題(3) >>
既製杭-2方向傾斜チェックに関する問題(3)
杭の打込み初期時の傾斜チェックは、トランシットによって2方向から行う

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,15,12年
(過去問題)
H19-A-12-(1)杭の打込み初期の精度管理は,一般的にトランシットによって2方向から杭の傾斜をチェックすることにより行う。
→○

H15-A-11-(4)打込みを正確に行うには,杭軸方向を設計で想定した角度に建込む必要があり,建込み後は杭を直行する2方向から検測するのがよい。
→○

H12-A-11-(4)くいは、くい軸方向を設計で規定された角度で建て込み、トランシットで一方向から検測しながら打込む。
→× 一方向→ニ方向
| 試験に出る問題-基礎工 | 13:17 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE