<< 既製杭-2方向傾斜チェックに関する問題(3) | main | 既製杭-くい打ち機械接地圧に関する問題(3) >>
既製杭-試験杭の長さに関する問題(3)
杭の施工に際しては、支持力確認のため試験杭を施工することを原則とする。試験杭は、断面寸法、種類、先端形状などが本杭と同一のものを使用し、長さについては本杭より1〜2m長い杭を使用する
→支持層が設計より深い場合に対応するため。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,11,10年
(過去問題)
H16-A-11-(1)杭の施工に際しては,あらかじめ試験杭を施工することを原則とし,試験杭は基礎ごとに適切な位置を選定して,本杭より1〜2 m 長い杭を用いる。
→○

H11-A-11-(1)試験ぐいは、橋台・橋脚などの各基礎ごとに適切な位置を選定し、本ぐいと同じ長さのくいを使用する。
→×

H10-A-11-(2)試験ぐいは、寸法、種類、先端形状等が本ぐいと同一のものを使用し、くい長さは設計長より1〜2m長いものを使用するのが望ましい。
→○
| 試験に出る問題-基礎工 | 13:43 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE