<< 既製杭-試験杭の長さに関する問題(3) | main | ニューマチックケーソン-掘削順序に関する問題(3) >>
既製杭-くい打ち機械接地圧に関する問題(3)
打込み杭工法に使用される杭打ち機械の接地圧は0.1〜0.2N/mm2(100〜200kPa/m2)で、これに十分耐え得るようにあらかじめ原地盤の整備を行う必要がある。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成15,13,10年

(過去問題)
H15-A-11-(1)一般に使用される杭打ち機械の接地圧は0.1〜0.2N/mm2であり,これに十分耐え得るようにあらかじめ作業地盤の整備を行わなければならない。
→○

H13-A-11-(1)打込み杭工法に使用される杭打ち機械の接地圧は0.1〜0.2N/mm2で、これに十分耐え得るようにあらかじめ原地盤の整備を行う必要がある。
→○

H10-A-11-(4)一般に使用されているくい打ち機械の接地圧は100〜200kPa/m2であり、これに十分耐え得るように作業地盤の整備を行う必要がある。
→○
| 試験に出る問題-基礎工 | 13:47 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES




















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE