場所打ち杭-オールケーシング工法に関する問題(8)
(特徴)
・杭の全長にわたりケーシングチューブを圧入し、地盤の崩壊を防ぐ。
・掘削排土はハンマグラブで行う。
・ボイリングやパイピングは坑内水位と均等させることにより防止する。
孔壁や孔底の保護ケーシングチューブと孔内水位によるのが原則。

(施工手順)
機械据付→掘削(ケーシングチューブ圧入)→支持層確認→孔底処理→鉄筋かご建込み→トレミー挿入→生コン打込み→トレミー、ケーシングチューブ引き抜き→埋め戻し
*参考資料参照

(施工上の留意点)
ケーシングチューブは二重管を用いることを原則とする。やむを得ず一重管を用いる場合には、作業時の状況に十分耐え得る安全性と剛性を有するものを用いる。
・先端部のケーシングチューブは、初期掘削時の鉛直性を保持するため、一般に長尺(通常6m)を用いる。最上部については掘削深さの調整およびコンクリート打設を円滑に行うため短尺を用いる。

<参考資料>
オールケーシング工法のマンガ図;(社)日本基礎建設協会

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,17,14,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-基礎工 | 09:12 | - | - | ↑TOP -
場所打ち杭-リバース工法に関する問題(7)
(特徴)
回転ビットを回転させ地盤を掘削する。
・ビットで掘削した土砂は、泥水とともに吸い上げ、地上のプラントで水と土砂に分離した後、上水を孔内に循環させる。
孔壁の保護は、表層部ではスタンドパイプを使用し、スタンドパイプ下端以深では、自然泥水により孔壁に形成されたマッドケーキと、孔内水と地下水の水位差により行う。

(施工手順)
スタンドパイプ建込み→掘削→一次孔底処理→鉄筋かご建込み→トレミー挿入→二次孔底処理→コンクリート打設→スタンドパイプ引き抜き→埋め戻し
*参考資料参照

(施工上の留意点)
孔内水位は孔壁保護のため常に地下水位より2m以上高く保持する。

<参考資料>
リバース工法のマンガ図;(社)日本基礎建設協会

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-基礎工 | 10:10 | - | - | ↑TOP -
場所打ち杭-アースドリル工法(6)
(特徴)
表層部の崩壊防止のため、3m程度のケーシングチューブを設置し、表層以深は、必要に応じて安定液を用いて孔壁を保護する。
・掘削排土は回転バケットにより行う。
・地下水のない粘性土で素堀りが可能なときは他の工法より優れている。

(施工手順)
先行掘削→表層ケーシング建込み→一次孔底処理→鉄筋かご建込み→トレミー管挿入→二次孔底処理→コンクリート打設→表層ケーシング引き抜き→埋め戻し
*参考資料参照

(施工上の留意点)
地下水位があるときは、安定液水位をそれより高く保ち孔壁崩壊を防ぐ。

<参考資料>
アースドリル工法のマンガ図;(社)日本基礎建設協会

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,14,13,12,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-基礎工 | 13:22 | - | - | ↑TOP -
場所打ち杭-深礎工法に関する問題(5)
(特徴)
人力等により掘削する。(近年はクラムシェル型バケットを使用する機械掘削方式も採用されるようになっている。)
ライナープレート、波型鉄板とリング枠などの山止め建込みを行って孔壁を保護する。

(施工手順)
最上段リング設置→やぐら据付→掘削(山止め材設置)→鉄筋かご組立→コンクリート打設
*参考資料参照

(施工上の留意点)
湧水がある場合は、水中ポンプで排水する。

<参考資料>
深礎工法のマンガ図;高山基礎(株)

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成14,13,12,11,,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-基礎工 | 14:07 | - | - | ↑TOP -
機械選定に関する問題〜リッパビリティによる(6)
・地山の弾性波速度が2,000m/sec程度までの岩盤は、32t級リッパ装置付ブルドーザでも掘削可能である。
・リッパの爪の本数は3本が標準で、爪の本数が少ないほどリッパビリティは大きくなる。(1爪当りの荷重がおおきくなるため)

(関連事項)
リッパビリティ:リッパ作業できる程度で、地山の弾性波速度を目安にブルドーザの爪数を決めている。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,14,13,12,11,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-土工 | 11:28 | - | - | ↑TOP -
コンクリート型枠の取外し時期に関する問題(5)
(型枠の取外し時期)
・型枠はコンクリートがその自重および施工期間中に加わる荷重を受けるのに必要な強度に達するまで、取り外してはならない。(取外し時期は一定の基準で定められるものではない。)
・コンクリートが必要な強度に達する時間を圧縮強度試験より判定する場合、供試体は標準養生ではなく現場養生によるものを用いる。(当該コンクリート構造物と同じ養生状態のものを用いる)
・ラーメン、アーチなどでは、コンクリートのクリープによって、構造物に生じるひび割れを低減できるので、脱型に必要な強度に達したら、なるべく早く型わくおよび支保工を取り外すのがよい。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成17,16,13,12,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-コンクリート | 15:49 | - | - | ↑TOP -
鋼材記号に関する問題(6)
鋼材記号の表示
鋼材記号


*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,15,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-設計・契約 | 11:25 | - | - | ↑TOP -
公共工事請負契約約款-請負者施工方法等定めの責任に関する問題(5)
仮設、施工方法その他工事目的物を完成するために必要な一切の手段については、約款及び設計図書に特別の定めがある場合を除き請負者がその責任において定める

<参考資料>
公共工事請負契約約款第1条:国土交通省

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成19,14,12,11,10年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-設計・契約 | 13:07 | - | - | ↑TOP -
公共工事請負契約約款-監督員の確認を求めらければならない事項に関する問題(5)
(請負人が監督員に通知し確認を請求しなければならない事項)
1.図面、仕様書、現場説明書及び現場説明に対する質問回答書が一致しないこと。
2.設計図書に誤謬又は脱漏があること。
3.設計図書の表示が明確でないこと。
4.工事現場の形状、地質、湧水等の状態、施工上の制約等設計図書に示された自然的又は人為的な施工条件と実際の工事現場が一致しないこと
5.設計図書で明示されていない施工条件について予期することのできない特別な状態が生じたこと

<参考資料>
公共工事請負契約約款第18条:国土交通省

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成18,14,13,12,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-設計・契約 | 13:31 | - | - | ↑TOP -
大気屈折、かげろうなどに対する措置に関する問題(6)
(水準測量作業の留意点)
・標尺の地表に近い部分は、大気の屈折やかげろうの影響を受けやすいため、標尺の下部の読取は避ける
・かげろうは早朝の無風状態の場合にとくに起こりやすい。
・大気の屈折や陽炎による視準誤差を小さくするため、視準距離を短くする。

*( )内数字は平成9年以降の出題総数
平成16,13,12,11,10,9年
続きを読む >>
| 試験に出る問題-測量 | 10:01 | - | - | ↑TOP -
よく出る問題トップへ

ブログ内検索 ブログ内の細かな説明書きがのある挿入画像はクリックすると拡大PDFファイルとして閲覧・印刷が可能です
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

















ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE